群馬県高崎市の株式会社三和鍍金|電解研磨・カチオン電着塗装・クロムメッキのことなら三和鍍金にお任せください!

news新着情報

『めっきのショッピングモール』で加工メーカーの管理を省いてコストを大幅削減! めっき産業の活発化を促す三和鍍金独自の一括受注方式が確立

2022年5月17日に配信させていただきました、プレスリリースをお知らせいたします。

~以下引用~

株式会社三和鍍金(本社:群馬県高崎市、代表取締役:武藤 篤、以下「当社」)はめっき産業の活発化を促す独自の一括受注方式を樹立し、2022年5月現在『めっきのショッピングモール』として自動車業界をはじめとする200社以上の加工メーカー様にご利用いただいております。当社は自社オウンドメディアによって直近1年間で新規問い合わせ件数が25倍に増加していますが、その中で自社内処理可能なめっき種だけでなく協力工場との連携によって、様々な案件のお引き合いをいただいております。加工メーカー様にとっては複数の処理を一括で三和鍍金に頼んでしまうことで煩わしい管理の手間が省け、人件費をはじめとしたコスト節約、または、時間の節約につながるというメリットがあります。協力工場であるめっき業者様にとっても、設備や扱っている薬品等に起因する個々の協力工場の得手不得手を当社が判断し、当該の協力工場様にマッチした案件を選択的に持ち込むことができるため、営業の人件費削減と高い成約率につながるというメリットがあります。この一括受注方式が適切なマッチングがされずに埋没してしまうはずであった案件を生産につなげ、めっき業界及びものづくり業界全体を活発化させる一端を担う可能性を秘めています。

三和鍍金はこれからも製造業界の躍進を後押しする企業を目指して参ります。

■加工メーカーのメリット

加工メーカー様にとって、複数の処理が必要な製品あるいは検討している処理が多い案件の管理は非常に手間とコストがかかります。一つの製品に対して、たとえば4つの異なる処理を全てしなくてはいけない(例:酸洗い+ショットブラスト+電解研磨+不動態化処理)場合や4つの処理のうちどれをおこなうのか検討している場合(例:酸洗い、ショットブラスト、電解研磨、不動態化処理のうち1つを選択したい)、いずれも4つ全て異なる業者に見積・検討依頼をかけるのは非常に苦労します。当社の場合は、それら4つすべてを一元管理しておりますので、当社にご相談いただくだけで完結し、コストと時間の節約に直結します。

また、表面処理業界の内情をよく知る老舗めっき屋として当社が仲介するため、品質やコスト面等様々な面でめっき業者様とトラブルになりづらいこともメリットのひとつです。さらに、めっき業者間の付き合いによる独自の連絡網がございますので、迅速な対応が可能となっています。

実際の反響として、当社がおこなっている顧客インタビューでは、当社にご発注いただいた決め手について「豊富な表面処理の取り扱いがあるから」、「幅広い表面処理の対応力」等を列挙いただいております。

■めっき業者のメリット

めっき業者様にとっても、この一括受注の管理システムは複数のメリットがあります。めっき業者様は個々によって使用している機械の仕様や薬品が異なるため、形状や材質に得手不得手があるのですが、それはあまり一般的に知られているものではありません。そういった業界の事情を知っている当社が管理するため、「板材への処理が得意なA社には板材を」「とにかく安価であることが希望であるならB社に」というように、お客様のニーズと各めっき業者の能力をまさにマッチングさせることが可能です。それによって高い成約率を誇ります。

また、同業者が管理をおこなうことでめっきの事情についても共有がスムーズにでき、加工メーカー側からの品質要求等も当社が緩衝させていただくことでトラブルの予防・解決が容易となります。さらに、新しい案件の確保やトラブルの対応など、当社が営業を代行しておこなう側面もあるため、営業の人件費削減にもつながります。

■ショッピングモールの窓口、『メッキライブラリ』

『メッキライブラリ』は「メッキ」にかかわる専門的な知識や時事問題を誰でもわかるように解説し、ものづくり産業に貢献することを目的とした自社メディアです。

製造業において専門的な知識や業界的な常識・前提が必要な場面は多くありますが、メッキというニッチな業界だからこそ、それら知識を誰でも簡単に吸収できる機会というのは多くありません。「困ったことがあっても誰にも相談できない」、「何を参照すればいいかわからない」、そういった悩みをお持ちの方は数多くいらっしゃいます。そういった方々のために、当社『メッキライブラリ』では実際のお問い合わせをもとに、よりリアルなニーズに即したテーマの記事を作成しています。イラストや図を多用しながら、メッキ業界で当然とされがちな曖昧な表現や定義を入念な調査のもと明瞭に示し、「リンの高騰」のような背景が複雑な時事に絡む事柄も、複数の資料を参照した上で客観的にまとめ、分析・解説しています。

この『メッキライブラリ』を含めた当社HPの月間サイトアクセス数は17万PVを突破、月間アクティブユーザーも5万6,000名を記録するなど、『メッキライブラリ』はものづくりに携わる加工メーカーや同業者の方々がもつ様々な「メッキ」の悩みを解消する『表面処理の図書館』としてご好評いただきながら、いわばショッピングモールの窓口として機能しています。

■株式会社三和鍍金

株式会社三和鍍金は群馬県高崎市にてカチオン電着塗装、銅ニッケルクロムメッキ、ステンレス電解研磨等の表面処理事業を行う会社です。新しい時代のニーズに合わせ柔軟性とスピード感覚を持ち、悩めるお客様に真摯に向き合います。当社はモノづくりに無くてはならない表面処理を通じ、当社に関わる全ての人々の幸福増進と世の中に貢献できる会社で在りたいと願っています。また、『メッキライブラリ』や「YouTube」で毎月メッキにかかわる様々な情報を発信しています。

創業  : 1950年5月

設立  : 1971年9月

代表者 : 代表取締役 武藤 篤

所在地 : 群馬県高崎市倉賀野町2659

事業内容: カチオン電着塗装、銅ニッケルクロムメッキ、

      ステンレス電解研磨等の各種表面処理事業

Web Site: https://sanwamekki.com

YouTube : https://www.youtube.com/channel/UCpivgUyRAaslswqA-VzumsA

PROFILE

柳沢 寛太
柳沢 寛太
新卒として入社後、現場での業務経験を活かし現在は営業として活動しながらコラムを執筆。塾講師・家庭教師の経歴から、「誰よりもわかりやすい解説」を志している。
また、多数の人気コラムを生み出すだけでなく、YouTubeの元編集者・現プレスリリース執筆者。コラム・YouTube・広告等のプロモーションを手掛けた本HPは流入ユーザー数前年比1,150%アップという偉業を達成した。
三和鍍金Youtubeチャンネル
表面処理についてのお問い合わせ