群馬県高崎市の株式会社三和鍍金|カチオン電着塗装・ステンレス電解研磨・クロムメッキのことなら三和鍍金にお任せください!

株式会社三和鍍金

chemical polishing化学研磨

お客様の声にお応えして化学研磨始めました!

お客様に御社で電解研磨処理はしているけど化学研磨処理はしていないんですか?と数多くお問い合わせ頂きました。
そこで遂に弊社でも化学研磨処理を始めました。
化学研磨処理とは製品を処理液に浸漬させ、化学反応をさせることによって研磨をする処理方法です。耐食性の向上は勿論、スケール除去、バリ取り、光沢性の付与が目的です。

表面処理解説図

化学研磨の特性

  • 01多様な形状に対応可能

    薄い、小さい、引っ掛ける穴が開いていない、パイプの内面、凸凹している、など一般的な研磨手法では敬遠される形状の品物を処理駅に浸透させることが出来れば、あまり問題としません。

  • 02バッチ処理で一気に大量処理

    品物を浸漬させることが出来れば数百から数万個の表面処理を均一に、同時に、行うことが可能です。

  • 03高洗浄・高品質

    処理後の表面は平坦な形状に溶解されており、非常にクリーンな環境を求める医療機器、食品機械、精密電子機器などの用途に最適です。

  • 04細かい部品、パイプ内部も研磨可能

    化学研磨とは製品を処理液に浸漬させ、化学反応をさせることによって研磨をする処理方法です。耐食性の向上は勿論、スケール除去、バリ取り、光沢性の付与が目的です。
    弊社の電解研磨では比較的難しいとされてきた細かい部品、パイプ内部の研磨など化学研磨によって研磨することが可能です。
    浸漬のみの研磨方法ですので品物の形状に左右されず研磨することが可能となりました。

    弊社の電解研磨処理では難しいとされてきた、小さな部品のバリ取り、パイプ内部の研磨も化学研磨処理をすれば可能です。
    電解研磨とは違い電気を使わないので品物の形状に左右されず全体を均一に研磨することが出来、凹凸がある品物でも内部まで綺麗に仕上げることが出来ます。又、治具穴等がNGな部品、内面が重要な部品等も浸漬ですので気にせず処理が可能です。

対応素地

オーステナイト系(ニッケル分を含有している)SUS301、303、304 等 SUS304 対応寸法 幅300×高さ250

塗装処理例

自動車部品はもちろんの事、精密部品、医療部品、厨房機器、半導体、ハードディスクなどさまざまな分野の製品も処理可能です。

表面処理についてのお問い合わせ