群馬県高崎市の株式会社三和鍍金|カチオン電着塗装・ステンレス電解研磨・クロムメッキのことなら三和鍍金にお任せください!

株式会社三和鍍金

passivation不動態化処理

ステンレスの不動態とは

ステンレスは一般の家庭でも台所のシンク・やかん・鍋等の食器だけでなく、洗濯槽や浴槽等様々なところに使われており、現代の生活になくてはならない存在となっています。
ステンレスの良さとして一番に挙げられる事は【錆びずに美しさを保てる】点です。では何故ステンレスはいつまでも錆びずに美しさを保てるのでしょうか。それはステンレスの表面に薄い耐食性を持つ膜(不動態皮膜)があるからなのです。

製造されたばかりのステンレス製品の表面にある不動態皮膜は、加工中に発生する様々な要因によって完全ではありません。この状態は不動態皮膜の破壊を引き起こしやすく、それが錆びの発生につながってしまいます。不動態化処理とは、その不完全な不動態皮膜をもとの状態に戻すだけでなく、クロムに飛んだ状態へ強化させる表面処理方法です。

※皮膜と呼んでいますが、めっきのような純然たる皮膜が形成されているわけではありません。

不動態化処理の特徴

不動

不動態化処理は、ステンレス全般に処理可能です。また、無色透明であり、処理後の外観上・寸法の変化はありません。ですので、素地表面に意匠を施してからの処理も可能となっています。不動態化の処理を行う前に【電解研磨処理】を行っておくと、耐食性が更に向上します。

用途

  • 医薬製造配管ユニット 熱交換器 タンク
  • 不動態化皮膜の安定化
  • 電解研磨後から更なる耐食性向上
表面処理についてのお問い合わせ