群馬県高崎市の株式会社三和鍍金|電解研磨・カチオン電着塗装・クロムメッキのことなら三和鍍金にお任せください!

columnメッキライブラリ

【基礎中の基礎!+α】無電解ニッケルメッキについて

群馬県高崎市にある(株)三和鍍金、事業統括部の柳沢です。

今回は【基礎中の基礎!+α(プラスアルファ)】シリーズ、「無電解ニッケルメッキ編」でございます。

今回のテーマは「無電解ニッケルメッキ」。皆様ご存知でしょうか。

まずは簡単に大枠からお話ししていきます。

無電解ニッケルメッキとは

メッキの種類

他のコラム記事でもたびたび書いていますが、メッキを大別すると2種類に分かれます。

メッキ皮膜形成に電気を使う電解メッキと電気を使わない無電解メッキです。

電解メッキの方は電気化学的に、無電解メッキは化学的反応を利用してメッキ皮膜を析出させます。

※析出・・・溶液やガスなどから固体が分離して現れること

無電解ニッケルメッキとはその名の通り無電解メッキの一種で、化学反応によってニッケルメッキを施したものになります。

ただし、ご注意願いたいのが、ニッケル含有度の違いです。

電解ニッケルメッキにおいて皮膜に対するニッケル含有割合は99%以上ですが、

実は無電解ニッケルメッキの皮膜にはリンが含まれており、その割合は8~14%ほど。

ニッケルの含有割合は86~92%ほどになります。

このことから、無電解ニッケルメッキは「ニッケル-リン合金メッキ」と呼ばれることもあるのです。

※合金メッキについてはこちらもご覧ください。

また、この組成の違いにしたがって、物性(機能)にも違いが出てきます。

そして、実はその違いは非常に大きなものなのです。

メッキの分類
メッキには様々な分類があります

性能と用途

無電解ニッケルメッキが持つ特性のうち、電解ニッケルメッキ(電気ニッケルメッキ)のそれと共通している部分ももちろんあります。

たとえば、耐食性導電性などです。

しかし、逆に言えば、これら以外については項目として共通していてもその程度が大きく違っていたり、そもそもその特性を持っていなかったりと、リンの有無によってかなり性能に差ができています。

この差については後述するとして、ここでは無電解ニッケルメッキの性能についてまとめます。

無電解ニッケルメッキが持つ性能は上の二つと以下の通りです。

硬度、耐摩耗性、耐薬品性、反磁性、反射防止性、耐熱性、熱伝導性、はんだ付け性 等

この様々な機能を活かし、電気分野や自動車分野をはじめとして、化学・食品・医療分野などにおいても多数採用されています。

医療

無電解ニッケルメッキのメリット・デメリット

無電解ニッケルメッキのメリット・デメリットを電解ニッケルメッキとの比較を交えながら解説します。

メリット

電解ニッケルメッキと異なり電気を使用しないメッキなので、製品形状にとらわれず皮膜の均一性を保持できます。

また、非導電性素材についてもメッキ処理が可能です。

熱伝導性、反射防止性、均一析出性、反磁性等、電解ニッケルメッキにはない性能をいくつも有しておりますし、

硬度については電解ニッケルメッキのそれより優位です。

メッキ上がりの状態も良好な硬度を持ちますが、後工程にて焼き入れを行うことで、使用用途等によっては硬質クロムメッキに匹敵するとさえ言われています。

デメリット

柔軟性など電解ニッケルメッキにあって無電解ニッケルメッキにない特性もありますし、

電気抵抗の低さなどは電解ニッケルメッキに軍配があります。

また、析出時間の遅さや使用する薬品単価の高さが起因して、他の表面処理と比較しても高コストな表面処理になります。

さらに液管理が非常に難しく大変なので、扱うのにも技術や知識が必要になります。

当社では協力工場様と密に連携し、高品質な無電解ニッケルをできるだけ「安く早く」提供することに重きを置いております。

些細なことでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

表面処理についてのお問い合わせ