群馬県高崎市の株式会社三和鍍金|電解研磨・カチオン電着塗装・クロムメッキのことなら三和鍍金にお任せください!

columnメッキライブラリ

【気になる疑問】無電解ニッケルメッキはなぜ高い?



群馬県高崎市にある(株)三和鍍金の武藤です。

今回は【気になる疑問】無電解ニッケルはなぜ高いについてご説明させて頂きます。

無電解ニッケルメッキをご依頼の際に「金額単価が高い!」

と思われた方は多いのではないでしょうか。

普段よく出している電気亜鉛メッキや電気ニッケルメッキに比べ

何故金額単価が高いのかご説明させて頂きます。

電気ニッケルメッキとの違い

当然、各表面処理によって工程や材料費、処理時間の違いがありますが

無電解ニッケルメッキが他と圧倒的に違うところは

ズバリ材料費の違いです!!

無電解ニッケルメッキは電気を使わない処理で還元メッキとも呼ばれています。

自己的に化学反応を起こし電子を発生させニッケルイオンを還元させることでメッキ皮膜を生成しています。

一見すると電気を使わない為、電気代が掛からないのでは?と思われてしまいますが

その他に処理費用を上げてしまっている要因があります。

一方、電気ニッケルメッキは電気を用いる事で電子を発生させ金属イオンを還元させることでメッキ皮膜を生成しています。

大きな違いは電気を用いる、用いらない、材料費の違いですが違いは何点かあります。

無電解ニッケルメッキ

1.処理液に複数の添加剤が含まれており必要な薬品の使用点数が多い。

2.液管理が難しく自動管理装置が必要になる。

3.液温を90度近くまで上げる必要がある。

4.液寿命が短く液の全交換が定期的に必要になる。

以上のことから液管理が大変で、管理コストが非常に掛かってしまうのです。

更にはメッキを析出する速度が比較的遅いことや薬品寿命が短い点も挙げられます。

引用元:藤間精練株式会社

製品単価が高いメリット

製品単価が高くて品質が悪ければ良くないですよね。

無電解ニッケルメッキは製品単価が高い分、数多くのメリットもあります。

無電解ニッケルメッキは電気を使用しない為、メッキ膜厚が比較的均一に仕上がります。

複雑な形状や凹凸がある製品やパイプ内部等も対応が出来るのです。

メッキ槽も緻密な層が形成される為、耐食性も高く、硬度も非常に高いので長く使用できるのです。

製品寿命が長くなるので付加価値も高まりますね。

処理単価が高いには高いなりの理由がある

一見すると処理単価が高いような気がしますが

そんなことは無いという事がお分かり頂けたと思います。

良いメッキはその分コストも掛かっているというということです。

では、安いメッキはそれなりなのかと思った皆さん!そういう事ではないのです。

単価のターゲット帯や品質レベル等、製品に適しためっきの選定が大事なのです。

勿論、処理業者によって金額単価に差異はございますが、

当社にお任せいただければ低価格で高品質なものを短納期でお届け出来ます。

是非、宜しくお願い致します。

表面処理についてのお問い合わせ