027-346-3636受付:8:00~17:00(平日)

columnメッキライブラリ

2024.05.31

塗装で使われるハンガーを再利用できる剥離技術

皆様、こんにちは。

群馬県高崎市で表面処理を行っております。株式会社三和鍍金です。

今回は「塗装で使われるハンガーを再利用できる剥離技術」について詳しく紹介していきます。

塗装業界において、ハンガーの剥離技術は経済的かつ環境的な利益をもたらす重要な要素です。

この技術を通じて、ハンガーは再利用可能となり、塗装プロセスの効率が向上します。

この記事では、ハンガーを再利用するための各種剥離技術について詳細に解説し、その必要性と方法を明らかにします。

三和鍍金では金属の表面処理だけでなく環境保護に繋がる剥離事業も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

塗装の工程で使われるハンガーとは

塗装作業において、ハンガーは単なる工具ではありません。

これは、自動車部品家庭用機器など、さまざまな製品の効率的かつ均一な塗装を可能にする重要な治具です。

具体的には、塗装ハンガーは、ワーク(塗装対象となる物体)を支持し、塗装中にそれが動かないように固定します。

この治具は、ワークの材質や形状、使用される塗料の種類に合わせて選ばれ、塗装プロセスの各段階でその性能を発揮します。

効果的な塗装作業を実現するためには、適切なハンガーの設計が重要です。

適切なハンガーを使用することで、塗料のムラを防ぎ、仕上がりの質を高めることができます。

また、塗装工程でハンガーが果たす役割は、ただ物を吊るすだけではなく、塗装が施される各部品を適切な位置に保持し、塗装作業の効率化と品質向上を図るための重要な役割です。

ハンガー剥離の必要性

塗装工程においてハンガーは不可欠な役割を果たしますが、効果的な使用は定期的な剥離に関係しています。

ハンガーは、塗装物を支持し、作業を容易にするために使われますが、この過程でハンガー自身が塗膜に覆われてしまうと、その機能性に重大な影響が出ます。

粉体塗装、静電塗装、電着塗装ではハンガーがアースとしての役割も担っているため、塗膜による絶縁状態は膜厚不足や品質低下を招く原因となるかもしれません。

さらに、ハンガー表面の塗膜は時間とともに硬化し、剥離が困難になることもあります。

これにより、ハンガーの再利用率が低下し、経済的な損失につながる可能性もあります。

従って、定期的なハンガーの剥離は、塗装工程の効率を保ち、高品質な塗装結果を維持するために不可欠です。

ハンガー剥離によって、塗装品質の一貫性を保ちつつ、コストを抑えることができます。

このため、剥離技術の選定と適用は、塗装業界において重要な技術的課題とされています。

ハンガー剥離の方法について

塗料が付着したハンガーの剥離は、環境面と経済面で重要です。

剥離技術を適切に選んで施すことで、ハンガーは再び使える状態に戻され、資源の無駄遣いを防ぐことができます。

ここで紹介する剥離技術には、以下の3つの主な方法があります。

  • ・熱的手法
  • ・物理的手法
  • ・化学的手法

熱的手法

熱的手法によるハンガーの剥離は、熱分解式剥離技術を利用していることが多いです。

この方法は、ハンガーに損傷を与えずに、塗膜が発火することなく自動制御された高温で塗膜を炭化させます。

完全に硬化した塗膜であれば、塗料の種類に関わらず、熱分解により塗膜をきれいに除去することが可能です。

熱分解後、高圧洗浄を使用して塗膜を簡単に取り除くことができます。

これにより、産業廃棄物の量を削減し、環境への影響を減らすことができます。

熱的剥離の適用範囲は広く、2液硬化塗料焼付硬化塗料1液硬化塗料粉体塗料など、硬化済みの塗膜に有効です。

粉体塗装や静電塗装、電着塗装を施したハンガーの剥離に効果的で、複雑な形状のハンガーもダメージなくきれいに剥離できます。

センサーによる自動温度調整機能があり、安全に操作することが可能です。

また、剥離液を使用しないため、作業環境もクリーンで安全です。

しかし、完全に硬化していない塗膜、グレーチングに付着した塗膜の剥離は、発火の危険があるため、この方法では対応できません。

また、設備の初期投資が高いため、事業として剥離サービスを展開する際は、補助金の活用が推奨されます。

物理的手法

物理的手法におけるハンガーの剥離は、手軽に実行できる方法です。

ハンマーやペンチを使用した剥離は、工具の利用がシンプルであり、剥離したい特定の部分をピンポイントで取り除くことが可能です。

この方法は、厚膜の塗膜が付着したハンガーに有効で、迅速かつ直接的に塗膜を剥がすことができます。

また、物理的手法にはブラスト処理を行い塗膜を剥がすことも挙げられます。

金属等のメディアを高速でハンガーにぶつけることにより塗膜を剥がします。

要するに研磨しているイメージですね。

こちらは前述したように人の手でやる物理的手法と異なり、

設備投資やメディアのランニングコストなど費用が掛かってしまいます。

しかし、物理的手法の大きなデメリットとして、ハンガーへの損傷のリスクが挙げられます。

ハンマーやペンチを使うと、ハンガーが変形したり、場合によっては破損することもあるので注意が必要です。

このため、剥離作業は慎重に行う必要があります。

また、薄膜の剥離には向いておらず、塗膜を完全に取り除くことは困難です。

さらに、一度に多くのハンガーを処理する際には、この方法では大量の労力が必要となり、効率的ではありません。

この手法のメリットは、特定の部位だけを狙って剥離できることと、設備投資が不要であることです。

これにより、小規模な作業や短期間での剥離が求められる場合に役立ちますが、大量のハンガーを扱う工業的な環境では、他の方法が推奨されることが多いです。

化学的手法

化学的手法でのハンガー剥離は、剥離剤を使用して塗膜を効果的に取り除く方法です。

この手法では、剥離剤が塗膜と反応し、塗膜を柔らかくして剥がしやすくします

適用する剥離剤の種類によって、金属用、非金属用、さらには環境に優しい水系タイプなど、多様なオプションがあります。

小型の治具や個々の部品の剥離には、刷毛を使って剥離剤を塗る方法が一般的です。

一方、大きなハンガーの場合は、剥離槽に浸すことで効率的に全体を処理することが可能です。

この方法の大きなメリットは、選択した剥離剤によっては、素材を傷めることなく一度にキレイに塗膜を剥離できる点です。

また、近年では低毒性で環境負荷の低い水系剥離剤も開発されており、使用する際の安全性が向上しています。

さらに、剥離剤の応用範囲が広く、作業性に優れているため、多くの場合、短時間で効果的に剥離が可能です。

しかし、この手法のデメリットとして、剥離液や関連用品のランニングコストが高くなることが挙げられます。

剥離作業には適切な保護具の使用が必要であり、使用後の廃液処理も環境規制に従って慎重に行う必要があります。

また、一部の剥離剤には危険物や毒劇物として扱われる成分が含まれており、これらの取り扱いには特に注意が必要です。

そのため、剥離槽の導入など初期コストがかかる場合もありますが、剥離効果の高さと作業のしやすさを考慮すると、多くの場面で有効な選択肢となるでしょう。

弊社では、この化学的手法をメインとして剥離事業を展開しております。

剥離でお悩みのことがあれば、ぜひご相談ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「塗装で使われるハンガーを再利用できる剥離技術」の必要性と方法を詳細に解説しました。

定期的なハンガーの剥離は、塗装工程の効率を高め、品質を維持する上で不可欠です。

熱的手法、物理的手法、化学的手法といった異なるアプローチを通じて、ハンガーを効果的に再利用し、経済的および環境的利益を最大化することが可能です。

これらの技術を適切に選択し適用することが、持続可能な地球環境の未来に貢献します。

弊社、株式会社三和鍍金では50種類を超える表面処理の取り扱いだけでなく、環境保護に繋がる剥離事業にも事業内容を拡大しております。

「表面処理」「剥離」「リサイクル」に関することでしたら是非一度お気軽にご連絡ください。

三和鍍金Youtubeチャンネル
表面処理についてのお問い合わせ